准看護師と正看護師の違いってなんだろう?

准看護師の求人、正看護師との違いは?

看護師には正看護師と准看護師があり、一般的に呼ばれている
看護師は正看護師のことです。

患者さんからみると看護師も准看護師も違いはありませんが、
綿密的には大きな違いがあります。そのため、看護師を正看護師と
呼んで准看護師と区別するケースもあります。ちなみに、
准看護師に強い求人サイトは下記で紹介しています。
准看護師に強い求人サイトは?

看護師は国家資格であり、准看護士は都道府県から与えられる
資格になります。ですから、受験資格にも大きな違いがあります。

看護師になるには、高校を卒業後、看護大学及び専門学校で
3年間学び国家試験を受験しなければなりません。そし
合格者には厚生労働大臣から国家資格を与えられます。

准看護師の場合は、中卒でも看護系専門学校で3年間学び、
准看護師の資格試験に合格すれば准看護師の免許が都道府県から
交付されます。
また、医療業務に携われる範囲も違ってきます。

准看護士は、医療業務一つ行うにも医師からの指示が必要で独断で
医療業務は行えません。それに比べて看護師の場合、医師の指示が
なくても独断で適切な医療業務を行えます。

同じ看護職でも准看護師は何をするにも医師や看護師の指示を
仰がねば医療業務が行えないので、立場的には医師や看護師の
アシスタントと考えていいかもしれません。

ですから、勤務先も仕事内容も同じ看護職であっても、看護師と
准看護師ではお給料にも差があります。例えば夜勤手当で比較すると、
看護師が3,000円、准看護師が2,500円となり准看護師の方が金額が
低くなります。また、出世にも大きくかかわってきます。

以上のように、看護師と准看護師では待遇面での差がありますので、
看護師になるために日々努力している准看護師も多くいらっしゃいます。

准看護師が看護師にキャリアアップするためには、看護師国家試験の
受験資格が必要です。そのためには一般的に、看護学校(進学コース)
に全日制で2年間、定時制で3年間通わなければいけません。また、
国家試験の受験資格は通信教育のみでも取得は可能ですが、
その場合、10年以上の准看護師経験が必要です。

看護師へのキャリアアップを目指す方法は、現在の仕事の多忙さや
ご自分のライフスタイルに合わせて選択するのがベストでしょう。
兵庫県看護協会