准看護師と正看護師の違いってなんだろう?

准看護師の求人、正看護師との違いは?

看護師には正看護師と准看護師があり、一般的に呼ばれている
看護師は正看護師のことです。

患者さんからみると看護師も准看護師も違いはありませんが、
綿密的には大きな違いがあります。そのため、看護師を正看護師と
呼んで准看護師と区別するケースもあります。ちなみに、
准看護師に強い求人サイトは下記で紹介しています。
准看護師に強い求人サイトは?

看護師は国家資格であり、准看護士は都道府県から与えられる
資格になります。ですから、受験資格にも大きな違いがあります。

看護師になるには、高校を卒業後、看護大学及び専門学校で
3年間学び国家試験を受験しなければなりません。そし
合格者には厚生労働大臣から国家資格を与えられます。

准看護師の場合は、中卒でも看護系専門学校で3年間学び、
准看護師の資格試験に合格すれば准看護師の免許が都道府県から
交付されます。
また、医療業務に携われる範囲も違ってきます。

准看護士は、医療業務一つ行うにも医師からの指示が必要で独断で
医療業務は行えません。それに比べて看護師の場合、医師の指示が
なくても独断で適切な医療業務を行えます。

同じ看護職でも准看護師は何をするにも医師や看護師の指示を
仰がねば医療業務が行えないので、立場的には医師や看護師の
アシスタントと考えていいかもしれません。

ですから、勤務先も仕事内容も同じ看護職であっても、看護師と
准看護師ではお給料にも差があります。例えば夜勤手当で比較すると、
看護師が3,000円、准看護師が2,500円となり准看護師の方が金額が
低くなります。また、出世にも大きくかかわってきます。

以上のように、看護師と准看護師では待遇面での差がありますので、
看護師になるために日々努力している准看護師も多くいらっしゃいます。

准看護師が看護師にキャリアアップするためには、看護師国家試験の
受験資格が必要です。そのためには一般的に、看護学校(進学コース)
に全日制で2年間、定時制で3年間通わなければいけません。また、
国家試験の受験資格は通信教育のみでも取得は可能ですが、
その場合、10年以上の准看護師経験が必要です。

看護師へのキャリアアップを目指す方法は、現在の仕事の多忙さや
ご自分のライフスタイルに合わせて選択するのがベストでしょう。

3年目看護師が転職を成功させる方法

残業ばかりでプライベートな時間がない、先輩と合わない、業務内容が厳しい、給与に不満がある等の不満が募り、看護師3年目で転職を考えている人もいるのではないでしょうか。

頑張って続けていれば解決するかもしれないと思っていたけど、限界に達して転職を決心する人もいます。

「3年目で転職は早すぎるのでは?」「不利になる」と思われがちです。 しかし、新人を積極的に採用している職場はたくさんありますし、やる気さえあれば歓迎されます。 むしろ早めに転職したほうが良い場合もあるのです。

柔軟性があり、長く働けてやる気のある人が採用されやすい傾向にあります。 3年目でも転職可能ですが、全体から見ても早めの転職には違いありません。 なので「すぐに辞めてしまうのでは」と採用側に思われないようにしましょう。

退職理由の原因が本人にある、人間関係で問題があった、嫌なことがあったらすぐに辞めてしまう、飽きやすい、何か事情がある…これらの印象を与えるのはNGです。

長く働けることや協調性があることを前面に出していきましょう。 志望動機をしっかり練って、面接対策を行うことをオススメします。

面接の際には「なんとなく~だと思ったから」「働いてからじゃないと考えられない」など、曖昧な受け答えは悪い印象を与えます。 やる気がある人を採用したいと思っているので、受け答え1つでやる気がないと判断されたら不採用になりかねません。

また、面接の時に希望や条件を出しすぎるのもよくありません。 協調性のない身勝手な人だと思われたら本末転倒です。 それなら最初から自分の希望に適している職場に限定して応募しましょう。

3年目の看護師は新人とは違って、臨床経験があり、基礎がしっかりしています。 採用する側も3年目ということである程度は考慮してくれます。

ですが、新人と比べたら経験があるとはいえ、スキル不足は否めません。 先ほど紹介したように、面接でしっかりアピールして、採用したいと思うような受け答えをシミュレーションしておきましょう。

40代の看護師でも高待遇で転職できるって本当?

40代で転職をしようと思ったら、年齢制限オーバーである場合があります。 しかし、採用に前向きな職場がたくさん存在しているので、ネガティブにならなくても大丈夫でしょう。 ベテランの看護師がほしいところでは、好待遇で採用してくれることもあります。

まだまだ最前線で活躍したい人やスキルアップを希望している人は、大学病院や総合病院が適しています。 有名な病院で働いてみたい、ずっと現役で働きたいと思っている40代の看護師もいるでしょう。

経験も存分に発揮できるので、思い切って転職するのもアリです。 人材を育成したいと思っている病院であれば、その経験を活かして優遇してくれるケースもあります。

体力に自信がなく、ヘビィな仕事を避けたいのであれば、クリニックがオススメです。 40代になり腰痛が悪化し、病棟での勤務に限界を感じている人もいるかと思います。

クリニックなら採血や問診などの軽い仕事がほとんどです。 残業も少ないので、体力もさほど必要ないでしょう。

心機一転、看護以外の仕事がしたいと考えているのなら、CRCがピッタリです。 また、臨床経験が豊富であればデイサービスや訪問介護が適しているでしょう。

40代は経験が最大の武器になりますが、採用側は経験よりも人柄で判断することもあります。 どんなに立派な経験があっても、適応能力のない人と思われたら不採用になる可能性があるからです。

我を押し通す人や何かと意見をしすぎてしまう人は、周りのスタッフにも良い印象を与えません。 年齢関係なく、新しいことを受け入れる姿勢が大切です。

年下の先輩看護師とも上手に仕事ができ、新しい環境に順応できる人材が求められています。 「でも」と否定的な受け答えはNGです。 面接ではこのことを意識して、柔軟な姿勢をアピールするといいでしょう。

転職先でも自分のこれまでの経験を活かせますし、前向きに検討してはいかがでしょうか。 不安なことがあるのなら転職支援サービスを利用して、賢く転職活動を行いましょう。